英語のメニュー御座います。


Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

おはようございます。

外国人観光客のお客様用に、英語のメニューを4年前からご用意しております。

当時はそれ程活躍は御座いませんでしたが、ここ2年位は出番も多くなっています。

ホテルからのご紹介もあり、英語のメニューをみて頂いてご注文もスムーズに。

また、江戸京のホームページだけでは良く解らない事もあり、ホテルのフロントコンセルジュの方に「英語版」「日本語版」のメニューをお届けのご依頼もあり、詳しく解るメニューがございます。

メニューご依頼のお問い合わせは、「075-762-5355」までご連絡頂ければ、ご用意させて頂きますので、宜しくお願いいたします(宿泊施設ご案内コンセルジュのスタッフの方限定とさせて頂いております)

先日、外国人観光客のお客様がご来店中に「お持ち帰り」の寿司を作りました。

その作業をまじかで見られていた方が、「susi・・・アート」「ビューテイフル!」と・・・。



日本酒もお好きな様子「I LOVE SAKE!」

「I LOVE SUSI」と
私はホテルに勤めていましたので、20数年前に「海外のお客様に英語で接客出来る様にと」英会話を勉強していた時期があり、忘れそうになった今になって役立つとは・・・・。

その頃の記憶を辿って、脳の奥底から当時の事をひっぱり出しながらの接客をしています。

何とか、身振り手振りで通じる感じですが、まだまだ解らない事も沢山です。

これからも増え続ける外国人の方に日本の食文化「寿司」&「酒」をお伝えして、「日本に観光に来て良かった!京都の「江戸京」を選んで楽しかったと言って頂けるように毎日精進してまいります。


もちろん、日本のお客様にもそれ以上に喜んで頂ける様に頑張ります。

来月7月からは、京都の「祇園祭り」も始まります。江戸京では、ご予約の受付は「1ヶ月以内」までのご予約を承っておりますので、お早めのご予約がお勧めです。

良いお席(カウンターネタ前席)はネタの切りつけや握りの手順、巻物の巻き上げる姿など近くでご覧になれるお席をご希望のお客様は、ご予約時にお尋ね頂けたらと思います。

江戸前の代表的なお魚「子肌」も美味しそうに仕上がっています。

「綺麗に」「慎重に」「美味しく」をモットーに営業時間以上に時間を掛けて手間掛けて出番を待ちます。

どうぞ京都に来られた時には、ぜひお立ち寄り下さい。